<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年 09月 30日
那須山 火山活動
御嶽山の噴火で自然の驚異をまざまざと見せつけられ、他人事ではない那須山の過去の火山活動を調べてみました。

概要
 那須火山は関東平野北端の関谷断層に沿って南北に配列する主として安山岩からなる成層火山群。活火山としての那須岳はその1峰で別名、茶臼岳。構成岩石のSiO2量は52.1~65.2wt.%である。
 那須火山群では北から南に活動中心が移動して、甲子(かっし)旭岳火山は約50万年前、三本槍火山は約30万年前、朝日岳火山と南月山(みなみがっさん)火山は約10~20万年前に、それぞれ活動した成層火山である。また、那須火山群では過去に数回の山体崩壊が起きて、20万年前以前に黒磯岩屑なだれ、約14~17万年前に那珂川岩屑なだれ、約3~4万年前に御富士山(おふじやま)岩屑なだれなどを発生させ、その堆積物は東側の山麓の広い範囲を覆っている。
 那須火山群で最も新しい茶臼岳火山は、約1.6万年前から活動を開始し、溶岩・火砕物を大部分は東山麓に、一部は西側の那珂川上流部に堆積させている。
 茶臼岳は東に開く大きな崩壊凹地中に生じた新しい火山で、数枚の溶岩流・火砕流と頂部の火砕丘・その中の溶岩ドームからなる。溶岩ドームの中央火口(直径100m)の内外には噴気孔が多いが、特に西斜面の2つの爆裂火口内では活発な噴気活動が続いている。有史以降の噴火はすべて爆発型。泥流を生じやすい。

引用 気象庁ホームページ

「噴火はすべて爆発型」御嶽山のようなものでしょうか、特に那須は噴火口すれすれに登山道がありますのでひとたまりもありません。

過去に水蒸気爆発は数回あった。
b0229469_2274980.png

引用 気象庁ホームページ 那須岳 有史以降の火山活動

調べるまでしりませんでした、茶臼岳の西側で数回あったようです。
いまもモクモクと噴煙をだしている無限地獄あたりでしょう。
50年前を最後に水蒸気噴火は無いようですが、この沈黙の期間が不安に感じます。

はじめの1408〜10(応永15〜17)の噴火は死者も出ているようです。
マグマ噴出量は 0.041DREkm3。(VEI4) 初めて見る単位です(火山爆発指数で中規模らしい)

那須山の防災マップ
http://www.town.nasu.lg.jp/ct/other000006100/kazanbousaimappu.pdf

今回の御嶽山噴火で噴火予報いかに予測不能かが露呈したとも言えます。
ニュースでは「山小屋の方が硫黄の匂いが濃かった」などとの少しの変化があるのかもしれません。



本サイトはこちらより
y-h-photo.jp


EIZOダイレクト

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)  FUJIFILM X-T1

by troutangling | 2014-09-30 23:36 |
2014年 09月 13日
ワークショップのお知らせ 9月28日 ルノアール 新橋汐留口駅前店
プロのレタッチテクニックを教わりたい
私が普段、撮った写真をどのように処理しているのかを実際の作例を使ってご紹介します。

デジタル写真(主に風景写真)のraw現像(キャノンdppとphotoshopCC使用)から レタッチテクニック 
実際に私が撮影した写真を使ってプロジェクターで丁寧にご説明いたします。
 
日時 9月28日 10:00~12:00
会場 喫茶室ルノアール 新橋汐留口駅前店マイ・スペース 2号室 1号室 場所が変更になりました
料金 2000円
対象 撮影中級者以上

完全予約制 
予約、お問い合わせ e-mail : yasunari.hirayama@gmail.com



本サイトはこちらより
y-h-photo.jp


EIZOダイレクト

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)  FUJIFILM X-T1

by troutangling | 2014-09-13 15:29 | 仕事
2014年 09月 12日
裏銀座縦走 2014.9.8 9.11 快晴 2
二日目の行程は本当に長く11時間以上でフラフラになりながら三俣蓮華キャンプ場へ到着

秋空の鷲羽岳
b0229469_23422050.jpg

スーパームーン
b0229469_23423219.jpg

満月の鷲羽岳
b0229469_23424451.jpg

三日目 AM2時起床 3時半出発
朝焼けの大天井、東鎌尾根 槍ヶ岳
b0229469_23425723.jpg

双六小屋
b0229469_23434958.jpg

槍ヶ岳方面
b0229469_23435926.jpg

b0229469_2344712.jpg

槍の北側
b0229469_23441957.jpg

千丈乗越から最後の急登
b0229469_23443279.jpg

槍ヶ岳山荘 500円のココアと500円のコーヒー
b0229469_23444514.jpg

予定どおり合流出来ました! 顔のむくみもMAX!!
b0229469_23445577.jpg

b0229469_23454196.jpg

最終日夕方から雨、みぞれも降り軽くテント水没しました
b0229469_2345566.jpg

なんとか予定どおりの行程をこなしましたが、裏銀座は本当にきつかった
このドM登山は体力に自身のある方、時間に余裕がある方におすすめです!


本サイトはこちらより
y-h-photo.jp


EIZOダイレクト

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)  FUJIFILM X-T1

by troutangling | 2014-09-12 23:20 |
2014年 09月 12日
裏銀座縦走 2014.9.8 9.11 快晴 クマもいました! 1
裏銀座縦走してきました!
今回は「9月10日に槍ヶ岳に集合」と表銀座からの仲間と企画しました。
裏銀座は北アルプスの最深部を通過し槍ヶ岳へ向かう、距離も遠く時間と体力を要するコースです。
3泊4日のタイトスケジュールでいつもよりも総重量を軽くし(22kgぐらい)のぞみました。

高瀬ダムの吊り橋
b0229469_23351088.jpg

沢で水を汲んで出発
b0229469_23354136.jpg

日本三大急登のブナ立尾根
ブナなどの大木が多く急登が続きます
b0229469_2336919.jpg

満月に照らされる烏帽子小屋   一泊目はこちら
b0229469_23363175.jpg

烏帽子小屋から三ッ岳
b0229469_2337025.jpg

北アルプスの最深部は森深く静かな場所です
b0229469_2337418.jpg

クマが中腹を横切って行きました(急いで撮ったのでピントずれてます)
b0229469_2338076.jpg

剱岳、立山三山 烏帽子岳
b0229469_233901.jpg

b0229469_2339869.jpg

槍方面
b0229469_23392874.jpg

何かを叫んでいました!
b0229469_23395092.jpg

野口五郎小屋
b0229469_2340722.jpg

野口五郎岳
b0229469_23402734.jpg

土の色が違うようです
b0229469_23404620.jpg

水晶小屋が見えてきました 手前の急登がキツイです
b0229469_2341775.jpg

2へつづく


本サイトはこちらより
y-h-photo.jp


EIZOダイレクト

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)  FUJIFILM X-T1

by troutangling | 2014-09-12 22:30 |